ヒストリックカーから最新のスーパーカーまで、それぞれの時代を彩った外国、国産の名車を一堂に集め、その勇姿をデモランや展示、そしてレースで披露します。

「オールドナウ」がスタートした1986年当時に登場し、同じ30年の歴史を歩んだ名車達が集結します。フェラーリ・288GTO、デ・トマソ・パンテーラ、ランボルギーニ・カウンタック5000QV、ポルシェ・930ターボなどが登場予定です。
当時の車両をお持ちの方のご参加も募集していますのでお問い合わせください。

1970年代にスーパーカーブームを巻き起こした大ヒット漫画「サーキットの狼」。その作者である池沢早人師先生の漫画家40周年を記念して、2009年に茨城県神栖市にミュージアムが設立されました。「ロータス・ヨーロッパ」や「ディノ・レーシング・ スペシャル」など作中に登場する車両達が常時展示され、今回はその一部をサーキットに出張して展示してくれます。
<池沢早人師・サーキットの狼ミュージアム公式サイト>

オールドナウに参加している全ての車両の中から、当日の皆様の投票により“オールドナウ”に最も相応しい車を表彰します。イベントのタイトルに合わせ、オールドナウがスタートした1986年を境に「OLD CAR部門」「NOW CAR部門」の2部門を設定しています。
会場内に設置された専用の投票BOXから投票してください。
<2016年度コンテスト結果)>

来場した中学生以下のお子様を対象に、オールドナウで撮影されたクルマの写真のコンテストを行います。写真をe-maiに添付して送信するだけで簡単に参加できます。グランプリのお子様には「CAR GRAPHIC」で写真が掲載されるなどの豪華な特典を用意しています。
今年度の募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
<2016年度コンテスト結果)>

会場内でコカ・コーラ社製品をご購入いただいたマイカーでの来場者を対象に、大会の締め括りに行われます『コカ・コーラ サーキット・パレードラン』に無料で参加できます。
先導車の後をゆっくり続くパレード走行ですので、家族や友達と一緒に本物のサーキットを気軽に体験できます。また、コース上での撮影タイムも予定しています。
<参加の手引き(PDF:605KB)>
パレードランの実施時間や方法を変更する場合がありますので、当日は場内放送やスタッフの誘導に従ってください。

自動車ニュースサイト「レスポンス」と、燃費管理サービス「e燃費」が、最新EVの試乗会を普段は一般には解放されていないオーバルコースで行います。
今年はエアロパーツ、ドレスアップの「ダムド」のカスタマイズカーをフィーチャーします。
試乗をご希望の方は、当日午前9時からオーバルコースで先着順にて受付を行います。
<ダムド公式サイト>

日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)に加盟する自動車部品用品、部品などを取り扱う企業および店舗などに よる出店販売ブース。その他にも自動車模型やラジコン、自動車関連グッズの販売ブースも多数出展予定です。
<日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)公式サイト>